毎日化粧するのは面倒くさくて仕方がない。
化粧品の費用がかさむ。
メイクで皮膚が荒れる。
お直しやメイクする時間の無駄遣いをしているように思える。
最近新たに脚光を浴びている頭皮ケアは別名スカルプケア(scalp care)とも言われます。

頭皮は髪の困り事の代表である「抜け毛」「うす毛」などにとても大きく関わると供に、フェイスラインの弛みなどにも影響を及ぼすのです。

何れにせよ乾燥肌が毎日の生活や周囲の環境に大きく起因しているのであれば、日々のちょっとした身辺の癖に配慮すればある程度肌の悩みは解決するはずです。

尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸(hyaluronic acid)を添加している美肌水は皮ふに優しく、肌が乾燥しやすい人におすすめです。

防腐剤や芳香剤など一切使っていないため、お肌の敏感な方でも使うことができます。

日中なのに、いつもは浮腫まないはずの顔や手が酷く浮腫んだ、よく眠っているのに下半身の浮腫が取れない、といった場合は病気が潜伏している恐れがあるので内科医の迅速な診察が必要だということを強く意識する必要があります。

20才を過ぎてからできる難治性の“大人ニキビ”の社会人がじわじわと増えている。
もう10年間こういった大人のニキビに苦しまされている方々が当院を訪れている。
顔の弛みは不要な老廃物や余った脂肪が滞留することで進行します。